MANASIS REFRAIN

NEWS

ニュース

詳細なニュースは、マナシスリフレイン~箱庭島少女~ 公式Twitterをご確認ください。

story

ストーリー
  • シナリオ

    人と精霊が共存する不思議な世界、その世界にある冒険の大陸フォトニア。
    はるか昔、魔王による滅亡の危機を乗り越えたフォトニア大陸は
    次なる脅威に備えるため「セオドリック冒険者学院」を設立した。 
    ある日、 主人公はセオドリック冒険者学院から一通の手紙を受け取る。

    「貴殿を当学院の特待生として招致します。
    同封した乗船券の日時に大陸最南端にある
    精霊の箱庭島までおこしください。」
    - セオドリック冒険者学院代表 グリゼルダ・マクウィリアムズより-

    入学のために箱庭島に向かう途中、
    同じ新入生である少女たちと出会った喜びも束の間、
    島に到着すると不吉な黒い煙と爆発音が島を覆い、
    学院長グリゼルダと復活した魔王の戦いが始まった。

  • すべての源であるマナとマナシスそしてアーツ

    人間とモンスター、
    すべての生き物が宿している存在であるマナは力の源を意味する。
    マナの集合体が意識を宿すことでマナシス(精霊)が
    生まれると言い伝えられている。

    マナシスの中にはコミュニケーションが
    できるものも存在する。
    マナを利用した特殊な力を使う技術をアーツと呼ぶ。

    一般的には魔法やスキルと呼ばれるが、
    アーツはこの世界の文明を支える大切な技術である。

  • セオドリック学院

    セオドリック学院は南方部の港湾都市に本院を置いており、
    冒険のために必要な技術を学ぶ全寮制の学院である。

    分院は世界各地に存在しており、
    そのうちの一つが孤島にある「箱庭島分校」である。

    学院ではマナとマナシス、アーツに関する知識に加え、
    自らの適性に合わせた科目も学ぶ。

    明確な学年制度はないが、
    卒業試験に合格するには通常7~8年かかると言われている。

  • 箱庭島分校とマナシスの巨木

    箱庭島分校はセオドリック学院の中でも最も長い歴史のある学園である。

    魔王との決戦地であり、魔王が封印された場所でもあったため、
    元々は本院であったが港湾都市に多くの機能が移設された結果、
    現在では分校となった。

    学園内には魔王との戦いで学園を守ったマナシスの巨木がある。

    そのマナシスの巨木は人間と初めて契約をした存在であり、
    通常のマナシスよりも強力な力を持っている。

CHARACTER

キャラクター